2019.10.04 Friday

チケット完売。

0

    昨日クライマックスシリーズのチケットを買おうと思ったら全然サイトにつながらない。やっとつながったらチケットがなかった。まあ予想していたが。ファンクラブに入ったり、会員になると先行発売で買える。つまりチケットを買うために事前にお金を使う必要があるのだ。まだテレビで見れるだけましかな。

    深夜世界陸上を見ながら紡いでいて、色の組み合わせを思いつく。黄色とグレー。翌朝双糸にして編み始める。私のイヤフォンの色と同じ。自分の好きな色に囲まれるっていい。ここ数日の再認識は、私の編み物は色。その次が素材。そのうち編み物じゃなくなる気がする。

     

    2019.10.01 Tuesday

    10月よ、こんにちは。

    0

      図書館へ予約した本を取りに。「きほんの糸紡ぎ」、買おうと思ったけれど図書館に入ったので借りることにした。見ているだけで紡ぎたくなってくる。私の知っていることがほとんどだけど、教科書的に持っていたほうがいいかなと検討中。森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」、この人の本、読むの初めてだ。どうしてだろう。「ゴルディオスの結び目」、なぜこの本を借りたくなったんだっけ??

      夜中に世界陸上をやっていて、夜更ししているとつい見てしまい、200mとか400mとか幅跳びとかやり投げとか、きりがない。ドーハはすごく暑いらしい。

      昨日から編み込みのセーターを編み始める。作り目段階で本に書いてある長さより大幅に大きいものになってしまう(50センチなのに私がやると70センチ)。何度もやり直し。ああでもない、こうでもない。つらい模索だが収穫もその分大きい。力技で編めるものではない。なんとか自分の力の足りないところは別の方法だったり新しい技術で補っていかねば。今日から10月。

       

      2019.09.27 Friday

      少しでも生きやすくするためには。

      0

        評判の高い本を読んでいてまったく文章が頭に入ってこないことがある。我慢して50ページくらい読んでも話が理解できない。そういうときは自分に合わなかったんだと思い返却する。評判いい悪いじゃない、おもしろいかおもしろくないかだ。という本を返却して、新しい本を借りる。『「空気」を読んでも従わない』(鴻上尚史)、「爽年」(石田衣良)。鴻上尚史の本はもっともっと若いときに読みたかった。苦しんでいる人が少しでも生きやすくなるといいなと思う。石田衣良の方はこれで三部作完結。

        電車で本を読んでいると隣のおじいさんはスマフォでメールしている。指がしびれているとかなんとか、絵文字を選んだり。途中から男の人が私の前に立ってキンドルを開いて読み始めた。向かい側の席はたくさん空いているが、こちら側はいっぱい。それに気づかない男の人はずっと立っている。エレガントさとか教養を感じない国だなと思いつつまた文章を追いかける。

         

        2019.09.26 Thursday

        さをりを自慢する。

        0

          昨日さをり織りへ。他に生徒さんが誰もおらず一人で織る(実はこういう方が好き)。帰ってきてだんなさんに織ったさをりを自慢して、また朝になり自分のさをりを見て、おもしろくできたなあと考える。もっと編み物も自由でいいはず。最近そういうようなことばかり考えている。自由さというのは殻の外と中から同時に破ろうとすれば一気に開花すると思う。自由を求めていない人に穴をあけると大事故になるし、また逆は空振りになる。わたしは求めている。が、ヒビが見えない。指先で探っていけば見つかるはず。

           

          2019.09.24 Tuesday

          来月個展します。

          0

            昨日ギャラリーを予約。テーマも決定、「未完成と半過去」。

            ここでだけ説明しておくと、おおもとはイタリア語の「imperfetto」で未完成という意味と、文法の半過去という時制を表す。つまりテーマの中身はどちらも「imperfetto」なのだ。だけど、これはイタリア語を知っている人にしか通じないダジャレ的な遊びなので、説明しても仕方ないだろう。

            未完成の作品を展示して、期間中に編みながら完成させるという実演を主な目的としている。マフラーならば完成までの道のりが想像できると思うけれど、手袋とかセーターとか知らない人には新鮮かもしれない。

            この展示が2019ー20年シリーズンの皮切りとなります。というわけで、現在必死に準備中。

             

            2019.09.21 Saturday

            メニューにないもの、アジフライ定食。

            0

              お彼岸のおはぎを買いに和菓子屋さんへ。じっくり見るといろんなお菓子がある。川崎銘菓と歌ったものもある。制覇目指す。

              お昼はいつものお店でアジフライ定食。ここはランチメニューが外にしかない。だから一見さんは中にはいってから決めようと思っていると普通のメニューを頼むことになる。知っている人はメニューも開かない。私の頼んだアジフライ定食は単品はあるけど定食はない。常連のわがままじゃないけれど、お母さんに頼めば注文できる。

              帰ってきて縫ったり編んだり。考えている時間が長すぎて、なかなかすいすいとはいかない。追い風をキャッチせねば。

               

              2019.09.20 Friday

              なくなったもの、かけ離れいるもの。

              0

                今日は美容院へ。帰りに住んでいたあたりをぶらりと歩いてみた。昔あったお店が全然ない。お肉屋、八百屋、お米屋、焼き鳥屋、本屋、小さなスーパー、薬屋。みんなない。あるのは和菓子屋、もう一軒の八百屋、豆腐屋、お惣菜屋。買い物が成り立たない。どうしてだろう、まだ人はたくさん住んでいるのに。

                帰りに図書館へ。予約していた本が届いている。予想外の本も届いている。ファイトがわく。編み物の本を探す。まだ秋の入口なので編み物の本はたくさん在庫している。新しいものも古いものもある。あれこれ探しながら選ぶ。雑誌を読む。モデルさんの着ているセーターに目を奪われる。モードの世界の編み物と手編みの世界はだいぶかけ離れている。なぜかその間にパイプはない。両方知っているとすごくおもしろいのに。

                 

                 

                2019.09.19 Thursday

                ブルスケッタ。

                0

                  最近パンに塗るものがパターン化してきて飽きてきた。そうだ!と思いつき、ブルスケッタにする。小さなトマト、バジル、塩、オリーブオイルで混ぜて前の日に準備しておく。翌朝マフィンに載せてブルスケッタの出来上がり。食べているときにトマトがぽろぽろ落ちるのもいい。どうしてこんな食べにくいものをイタリアの人が愛しているかわからないんだけど、私も虜になっている。私の印象では北の方ではそんなに食べないかも。レストランによってはわらじのように大きな物もあり、頼むときは大きさを確認すべし。

                   

                   

                  2019.09.18 Wednesday

                  ちくちく開始。

                  0

                    今週は熱心に制作。編み込みの新しい方法を試したり、未体験の帽子の試作をしたり。と同時に、作品を入れる袋を作り始める。今年はやめようかなと思ったけれど、自分の作ったものをビニールや紙袋に入れるのってやはり悲しい。昨日新しい布を買いに行って作り始めた。針仕事は純粋な遊びなのでとにかく楽しい。編むのとはまた別の楽しみなのである。一日2つが目標。明日も縫うよ。

                     

                    2019.09.17 Tuesday

                    しゃべるように編む、そして再会の午後。

                    0

                      日曜日午前ワークショップ。糸紡ぎから始まったワークショップも今や全員が編むようになりました。場所を貸してくれている方が「みんなにとって編み物って何?エベレストに登るようなもの?」と聞いてきた。こういう問いってよくあるけど、こういう質問をされるってことは完全には伝わらないというか理解するためには溝が深いパターン。私は歩くとかおしゃべりとか答えました。他の方もおしゃべり、そうですね、といっていた。やはり質問した方は驚いていた。

                      午後、去年知り合った方に会いに行く。アメリカ人の音楽家。パリに住んでいる。なぜか私との会話はイタリア語。私が英語ができないからなんだけど、共通項のもうひとつは編み物。かなり特殊な状況なのでこれ以上日本人のメンバーは増えないと思うけど。行くまでは話題が少ないんじゃないか、伝わるかとかいろいろ悩んでいたけれど、会ったら2時間あっという間だった。最後はちょっと社会問題(世界の雇用問題)にまで発展したりして、とにかく楽しい時間だった。日本には仕事できているのに私のために(しかもたった1回しか会ったことない私のために!)時間を作ってくれてうれしかった。

                      健康的にしんどかった夏を過ぎて、体も運も秋になってだんだん向上してきた。今日からまたばりばり編みますよー、読みますよー。

                       

                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      Apple
                      Amazon
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM