<< 途切れ途切れの、私。 | main | 7月の分かれ道。 >>
2020.07.15 Wednesday

なんとなくタランティーノの良さがわかってきた。

0

    昨夜モヘアのショールを編み始める。ちょっと実験したい気持ち。どんどん針を太くしていくとか、糸を増やしていくとか、なにがなんだか分からなくするとか。靴下はつま先に近づいてる。最後の最後で毛糸がなくなる予感。小川洋子の本を読み始める。この人のいいところは文章が短くて、それがどんどんつながっているところ。そういうところが好き。本と編物の合間に、タランティーノ監督の「レザボアドッグス」を見る。字幕なのでなんかやりながら見るということができない。1秒毎に汚い言葉が出てくる。潜入捜査の刑事が起き上がって残酷ギャングを撃つところと、最後ギャングが全員で撃ち合いをするところがいい。あと途中途中に小話みたいなのがはさまっているのもいい。あと絶対タランティーノ監督の映画に出てくるちょっとダサいダンスもいい。昨日阪神は最下位脱出。だがそううまい話ばかりは続かないだろう。行きつ戻りつだ。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Apple
    Amazon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Asteroid and Butterfly [生産限定盤] (CD)
    Asteroid and Butterfly [生産限定盤] (CD) (JUGEMレビュー »)
    やのとあがつま(矢野顕子&上妻宏光)
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM