<< さをりを自慢する。 | main | 10月よ、こんにちは。 >>
2019.09.27 Friday

少しでも生きやすくするためには。

0

    評判の高い本を読んでいてまったく文章が頭に入ってこないことがある。我慢して50ページくらい読んでも話が理解できない。そういうときは自分に合わなかったんだと思い返却する。評判いい悪いじゃない、おもしろいかおもしろくないかだ。という本を返却して、新しい本を借りる。『「空気」を読んでも従わない』(鴻上尚史)、「爽年」(石田衣良)。鴻上尚史の本はもっともっと若いときに読みたかった。苦しんでいる人が少しでも生きやすくなるといいなと思う。石田衣良の方はこれで三部作完結。

    電車で本を読んでいると隣のおじいさんはスマフォでメールしている。指がしびれているとかなんとか、絵文字を選んだり。途中から男の人が私の前に立ってキンドルを開いて読み始めた。向かい側の席はたくさん空いているが、こちら側はいっぱい。それに気づかない男の人はずっと立っている。エレガントさとか教養を感じない国だなと思いつつまた文章を追いかける。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Apple
    Amazon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM