<< 昨日借りた本。 | main | 右手がっちり固めて。 >>
2019.06.28 Friday

ちひろ美術館「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」を観てきました。

0

    今日は電車を乗り継いでちひろ美術館へ、「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」を見に行く。ちひろ美術館は大きめのお家のような建物だった。いわさきちひろが住んでいたお家とのこと。先にいわさきちひろの展示を見る。線描きがなく絵の具の色だけで表現された絵たち、懐かしくもあり、新しくもある。いわさきちひろが亡くなってだいぶ時間が経つけれど真似したような絵は見ない。それだけ完成度の高い作品たちなんだろう。子供の時好きだった浜田広介童話にも出会えてうれしかった。

    続いてショーン・タンの展示へ。全部ではないけれどいくつかの絵本は読んでいる。その世界観は独特であり独創的である。ちょっと怖くて、残酷なシーンもある。どうなるかわからない期待と不安もある。今回は原画が多く来日しており、本に閉じ込められていた世界がもとの大きさに戻ったようだった。自分が頭の中で考えたものがリアルの世界に十分に再現できるってなかなかできるもんじゃない。表現者としてうらやましく思う。そうか、これがジェラシーだ。最新作の「セミ」、怖かった。どうしてこんな世界にセミは住んでいるのかわからない。セミよ・・・。セミは17年たってしあわせになれる?

     

     

    図書館で「夏のルール」を借りました。

     

    ショーン・タン
    河出書房新社

    ショーン・タン
    河出書房新社

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Apple
    Amazon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM