<< フィレンツェ合宿、日曜日。 | main | フィレンツェ合宿、ここにあるデザイン。 >>
2019.04.04 Thursday

フィレンツェ合宿、激混みポンテベッキオ。

0

    フィレンツェ合宿。

     

    反射してて見にくいですが、

    こういうの見るとつい「じっくり見る」&「どのくらいの量の毛糸」と考えてしまう。

    やはり重いと思うんです。

     

     

    広場の名前とか建物の名前とか実はほとんど覚えなかった。

    んまあ、半分くらいひとりだったし。

     

     

    建物の間のように見えますが、ポンテベッキオです。

    橋の上に建物があります。

    ほとんどが貴金属やさんです。

    いつも竹下通り並に混んでいるのであまり通らないようにしてました。

     

     

    ポンテベッキオの上からずっと回廊が続いています。

    メディチ家の人が外を歩かずに移動するため、だったっけな。

    ぜいたくなことです。

     

     

    雨上がりのアルノ川。

    すごい水量と水流。

     

     

    下流から見たポンテベッキオ。

    橋が落ちないのだろうかといつも心配になるけれど

    昔の建築方法で今まで持っているのだから大丈夫なんだろう。

     

     

    はじめて見た、公衆トイレ。

    中に集金係の人が座っています。

    確かアジアの女性。

    ヨーロッパでアジアの人の身分は高くないというと驚く方がいますが、

    こういうことなんだなと今回改めて実感。

     

     

    自転車(だったもの)と落書き。

     

     

    北に来ると「洗濯物が外に干されていない」ことに驚く。

    どこに干しているのか。

     

     

    それにしても真っ直ぐな壁の連続。

     

     

    街を保とうとする努力。

    日本は規制がないとタワマンだらけになる。

     

     

    トスカーナに来たらやはりピノッキオ。

     

     

    フィレンツェは通り過ぎる街だ。

    昔みたいにブランドショップの大きな紙袋をいくつも持っている観光客は少なくなった。

    ローマやミラノの免税店で買ったほうが手続きも楽だろう。

    ここにしかないお店やものがどのくらいあるのだろう。

    トスカーナらしい食べるものはたくさんありそうだ。

    今回フィレンツェという街についてずいぶん考えた。

    私は観光地として世界に君臨していると思っていたが、

    実はそうではなく、すごく努力しているということを知った。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Apple
    Amazon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Asteroid and Butterfly [生産限定盤] (CD)
    Asteroid and Butterfly [生産限定盤] (CD) (JUGEMレビュー »)
    やのとあがつま(矢野顕子&上妻宏光)
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM