<< フィレンツェに行ってきました。その2 | main | 日本で毛糸にまみれる日々。 >>
2018.09.15 Saturday

フィレンツェに行ってきました。その3

0

    毛糸屋さんとは別にもうひとつ編み物的な出会いがありまして、

    その方から毛糸を買いました。

    その前にたっぷり話をして、またフィレンツェにおいでよと誘っていただきました。

    さて、私の人生どうなる!?

     

     

    毛糸屋のおねえさんに図書館を教えてもらいました。

    静かで、中庭があって、居心地よくいいところでした。

    (友達から置き引き注意との忠告。特にトイレ時)

    なぜこの写真を撮ったかといいますと、

    上の飾りは絵なんですが、こういう装飾はトスカーナっぽく、

    思わず撮影。教会とか壁全体に描いてあるところもあります。

     

     

    駅とドゥオーモを結ぶ道の途中にトラットリアがありまして、

    地元の方も観光客もやってくるお店でした。

    ちょっと風邪が悪化しつつあり、温かいお豆のスープをいただきました。

    配膳されたときは多いかなと思ったけど、おいしくてあっという間に完食。

     

     

    出発の前日。

    慌てて糸紡ぎ。

    もう一度フィレンツェに来るかどうかは別にして、

    フィレンツェに来る前と来てからで気持ちがぜんぜん変わりました。

    もやもやしていた気持ちが晴れ(この写真みたいに)

    自分がどうすべきか、なにをすべきかがわかってきたんです。

     

     

    帰る日。

    駅の近くのバスセンターまで歩く。

    風邪を引いているのでゆっくり目に歩く。

    バスの時間も乗り場も支払い方法も調査済みなので安心してバスを待つ。

     

     

    んまあ、そのあとフィレンツェ発の飛行機の出発が遅れて

    乗り継げないんじゃないか問題が起きてかなり冷や汗かきました。

    フランクフルトで飛行機を降りたときにANAの方が待っていてくれて

    羽田便へのゲートまで送ってくれました。

    風邪で走れなかったので、間に合うこと、歩いていけること何度も

    繰り返してもらって安心しました。

     

     

    最初、一週間もなにをしようか、退屈なんじゃないかと

    心配しておりましたが、あっという間の時間でした。

    フィレンツェの街はたいへんきれいで歩きやすく、

    多くの観光客に愛されているようでした。

    日本人の方は思っていた以上に少なく、イタリア観光離れを感じました。

    (もしかして私の行かなかった美術館とかにいっぱいいたかも)

     

    今回は私のイタリア語の武者修行の要素も併せ持っており

    あらゆる場面、あらゆる方に積極的に話しかけてみました。

    ホテル、毛糸屋さん、レストラン、映画館。

    それっきりの方もいれば、何度も会う方とは会う度にあいさつする

    仲になりました。みなさん親切で、私のつたないイタリア語でも

    聞いてくれました。またしてここでも、全部話さずとも

    全部わかっちゃう状態が起きました。

     

    本当にもう一度フィレンツェに行くかもしれません。

    今度は編み物武者修行です。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Apple
    Amazon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM