<< 矢野顕子「PRAYER」。 | main | とうとう(おしまい)といよいよ(はじまる)。 >>
2015.09.08 Tuesday

エンデがさっきまで生きていたんじゃないか。

0
    ちょっとエンデの本から離れていたけれど、先ほど読み始めたらまた止まらなくなった。ちょっと長めの童話が載っている。「だれでもない庭」。読んでいると注釈が出てくる。「ここまではタイプ打ち。この後は手書き。」なんと生々しい注釈か。エンデの生きていた痕跡、愛おしい。
    白い毛糸でベレー帽を編み始めるも、夕方になって大きいことに気がつく。ほどく前に考える。「編み直し憐れみの令」なのである。それに編み直すにはあまりにかわいい。ご飯のあとに考えることにしよう。
    野球が雨で中止。台風が来ている。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Apple
    Amazon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM