<< 電車読書。 | main | 映画「96時間」を観てきました。 >>
2013.01.25 Friday

はじまりと、限界と、おわり。

0
    今日も朝から天気が良くて、もしかして春が、なんて油断がとことこやってくる。まだ1月。

    昨日イタリア語の秋冬の授業が終わった。今回はほんとにしんどかった。終わってみれば事実と経験と成長が残っているのだけれど、やはりその過程はつらかった。なんでこんなことになってしまったのか、いつそのレールを外れてしまったのかは今となってはわからない。気がつくと遠くにそれてしまっていた。
    今思うとそれが当たり前になりすぎていて、この負の連鎖を断ち切るという思考もなく、ずっとこれは続くもんだと思っていた。きっと体罰とか制裁を日常的に受けている人も同じような気持ちなんだと思う。終わらない。ずっと続く。自分がやめれば抜け出せるのだけれど。

    とある一人の年配の生徒がいて、その人は最年長で最古参。存在感もある。先生もその人に気を使っていた。何年も授業を重ねてきて、その人の発言力が大きくなっていたようだ。先生の授業内容に反論を唱えるようになった。私は先生が予定通りに進めているように思えていた。私は授業についていくのに必死だったので、それがいいとか悪いとかいうレベルにも達していなかった。その生徒はときに先生に文句をつけるようになった。既にやったことは必要ない、予定通りに先生が授業をしていないと授業中に批判するようになった。先生も不満が明確になってきて、悩みが深くなったようだった。

    先生は人を悪くいったりする人じゃないし、先生という立場というとらえ方ではなく、生徒を顧客ととらえている考え方の人だった。これを知ったときには私はかなりの衝撃だったけれど、先生が経験上つかんだ考え方なのかもしれない。

    今年の冬、決定的なことが起きた。授業の前にその生徒が他の生徒に先生の批判を長々と話し始めた。なぜ先生がダメなのか、自分の立場、授業内容に対する批判。それは偏見でもあり、その人の持論でもあり、最終的にはわがままだった。

    こんなひどいことを考えながら授業を受けているのかと思うと私は唖然とした。いやならやめればいいと思うのは私にも同じことで、もしそういわれたら反論できない。しかし、公然と批判するのなら先生に聞いてもらいたいと思い、私は授業が始まってこのことを話した。教室は凍りつき、緊張が走る。その人は私を批判し始めた。先生は何が起きているかすぐに分かったようで、本人と話し始めた。二人は授業のやり方について話し始めた。

    このやり取りは初めてじゃない。実は多分ずっと前からもうこのクラスはおかしくなっていて、それに気がついていなかった。授業の方針は先生が決めるもので、それは生徒が文句をつけるもんじゃない。やってほしいことを伝えるのは自由で、でもそれを実際に採用してくれるかどうかは先生が決めることだと思う。それに気づかず、先生もその生徒に気を使っていろいろとやり方を変えてくれていた。それがどんどん悪い方に出てしまっていた。きっと外から見えていたらわかっていただろうにと今となっては思う。

    二人の議論はだんだん激しくなっていったけれど、なんとか終わったようだった。その後は普通の授業に戻った。私の興奮も収まっていき、授業はいつものように終わった。私は自分が怖かった。なんでいってしまったんだろうという気持ちもあるし、いわずにおれなかったという気持ちもある。これ以上我慢できない、これ以上こんな異常な授業を受けられない。これが限界だったんだ、きっと。と思うようにした。

    他の生徒たちは授業が終わって私を励ましてくれた。先生も励ましてくれた。しかし、次の授業からどうなるかということも私は怖かった。やはりプライドの高そうな人、また何か起きるのではないかという恐れがあった。

    しかしその人はもう来なくなった。1月に入っても来なくなった。そして最終日も来なかった。すべては終わった。


    このお天気にすべてを消毒してもらって、今日という一日を楽しく心地よくすごそう。昨日の復習もしたいし、運動もしたい。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    Apple
    Amazon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM