<< 日焼けとヨットとレストラン。 | main | ドラマ「下町ロケット」、映画「今度は愛妻家」などなど。 >>
2011.09.16 Friday

階段の閉鎖と自転車、そしてロミーナ。

0
    またちょっと夜更かし気味。このままだと元に戻ってしまいそう。昨日久しぶりに電車に乗って夜銀座に出かけたんだけど、本を読みながら寝てしまった。日比谷線は駅が少なくてすぐに銀座についてしまうから危険だった・・・。

    今回の旅でちょっと悲しいことがあった。NHKの世界を散歩する番組に今年あの島が登場して、島のあちこちを紹介した。私の知っているところもあったし、知らないところもあった。島の裏側の小さな港に階段がいくつかある。その港は階段でしか降りることができない不思議なところ。しかもどの階段も狭い。住んでいる人の玄関の前を通るどころかベランダ的なところを眺めつつ階段を降りていくようなところも多数で、島のみなさんの生活を垣間見ることができる。そんな階段のひとつが今回閉鎖されていた。番組でも紹介された階段である。春はまだ何もしていなかったので私もちょっとおじゃましたんだけれど、今回は階段の上と下に門が取り付けられていて、呼び出しのシステムになっていたのだ。門にはもちろん電子錠がある。つまり住んでいる人以外は入れなくなった。あの島に日本人が押し寄せるとは思えないけれど、住んでいる人が安心できなくなったり、プライバシーを今までよりも侵されるような自体が起きたのかもしれない。私も通るときは一応あいさつしながら通ったんだけど、失礼なことがあったのかもしれないと思うとやはり反省してしまう。
    そう振り返ると各家庭の入り口にはだんだん門が増えているような気もしてくる。これ以上は私有地ですみたいな張り紙もあるし、素朴な島が次第に観光化されていくに伴って、住んでいる人が心地よくなくなってきているのかもしれないと思う。

    今日は自転車のことを書こう。
    島ではここ数年自転車の人が増えている。電動自転車が普及して、坂だらけの島の生活もだいぶ楽になったようだ。イタリアはどうもこがない自転車がOKらしくって(日本だとバイクの扱いになるみたい)、バイクみたいに足を動かさないまま坂を登っているのを見ると手品的でちょっと驚く。ママたちにはきっと楽ちんなんだろうな。
    そういえば小さな港に映画にちなんだバールがあったんだけど、今回名前が変わっていた。どうも人も泊められるようになったみたいで、バールからロカンダになっていたのだ。そして本物かどうか分からないけれど映画で使ったっぽい自転車が置いてあった。
    映画「Il postino」が公開されてもうだいぶ時間がたつ。だんだん記憶も薄れつつあり、おみやげなんかも減ってきた。もちろん名作にはかわりないんだけれど、島の方が先に時間を進めてしまった感じ。映画の中では電動自転車なんてないから郵便配達は大変だったであろう。そういえば、現実のあの島で郵便を配達している姿を見たことがない。

    そうそう、配達といえば。
    とあるスーパーがあって、ここは結構品揃えもよく配達もしてくれる。ここに配達のおじさんがいる。たぶん配達専門。このおじさんを見かけるようになってもう何年もたつ。いつも配達している。水は買って飲むというイタリア文化のおかげでいつも何キロものミネラルウォーターをぶら下げて歩いている。しかもガス入りとガスなしと両方頼んでいるような人もいて、2リットルペットボトル×6本パック×二種類の水の重さ。おかげでおじさんは競歩の選手みたいである。私はこの人を見かけるのがとても好きで、なんだかこの人の勤勉さ、忠実さを見るとほっとする。まだ大丈夫というような安心感を覚える。
    この間水を買うためにこのスーパーに行ったら、すぐに「何ほしいの?」「ミネラルウォーター?」「大きい?小さい?」と的確な質問で水をくれた。レジは混んでいたからそのあとだいぶ待ったんだけれど、配達のおじさんはせっかちな人らしくのんびりなどしていられないという感じだった。
    昨日ミヤネ屋で甲子園のビール売りのお姉ちゃんたちの特集をしていたけれど、あの配達のおじさんがかわいい女子だったら結構いいとこいけると思う。名前聞いとけばよかったなあ。

    名前といえば今回の旅で「ロミーナ」という人にあった。女性。ロミーナといえば!!!ろみーなーである。そういうお菓子が日本にあるんである。今でもあるよな、きっと。洋風せんべいというか。たぶん西の方のお菓子だから関東の人にはわからないと思うけれど、私はこのロミーナがすごく好きで関東に暮らすようになってお母さんにときどき送ってもらっていた。だからロミーナと聞いて、日本にそういうお菓子があるよといったら、ロミーナ自身すごく喜んでいた。ロミーナって人の名前だったんだー。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    Apple
    Amazon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM