<< フランス語で始まった松井大輔とダバディのインタビューを見て | main | どんと焼きってすごい、そして多くの友達との再会について >>
2007.01.07 Sunday

Gmailの着信チェックをしたい

0
    最近、迷惑メールが多すぎるので、Gmail経由でメールを読むことにしました。

    プロバイダのメールをGmailに転送すると、強力な迷惑メールフィルターが迷惑メールを振り分けてくれます。それで、GmailにSSL経由のPOP3でメールを取得しに行くと通常メールだけが取得できます。(たまに迷惑メールが混じりますけどね。)

    私の使っているプロバイダにも迷惑メールの対策機能はあるんですけど、迷惑メールと判断されるとそのメールは捨てられちゃうので、もし大事なメールが混じっていた場合に困るので、その機能は使っていませんでした。でも、Gmailは迷惑メールは自動的に別なフォルダに振り分けられ、あとから確認できることです。

    そこで、ひとつ困ることが出てきました。昔から使っていた「WPBF(Windows Popup Biff)」というインタネットメール到着通知ツールが使えなくなってしまったことです。
    SSL経由になったので使えなくなってしまったのです。

    SSL経由で使えるbiffを探そうかなとも思いましたが、いままのままで使う方法を考えました。いろいろ調査した結果、StunnelとOpenSSLを使えば、いまのままの110のポートで使えるってことがわかりました。

    下記は私がやったことです。

    まず、ソフトのダウンロード
     stunnel-4.20-installer.exe
      http://www.stunnel.org/download/binaries.html
     Win32 OpenSSL v0.9.8d
      http://www.slproweb.com/products/Win32OpenSSL.html

    ダウンロードしたソフトのインストール
     stunnel-4.20-installer.exe
     Win32OpenSSL-0_9_8d.exe
    通常にインストールしてください。(そのままでも問題ないですが、OpenSSLのデフォルトが C:¥OpenSSL にインストールされてしまうので、私は C:¥Program Files¥OpenSSL に変更しました。)

    インストールされた C:¥Program Files¥stunnel の中にある stunnel.conf を編集します。設定は↓を見てください。
    smtp はいまのプロバイダのものを使うので pop3 だけを設定しました。

    biff側の設定を変更します。
     POP3サーバ localhost
     ユーザ名  Gmailのアカウント(@gmail.comの前の部分)
     パスワード Gmailのパスワード

    設定はこれだけです。SSL経由なのでスピードは遅くなりますが、これだけの設定で使えるので満足しています。

    stunnel は「スタート → すべてのプログラム → stunnel → Service install」をすると、Windowsのサービスとして登録できますので、「Service install」を実行して再起動してください。これで自動的に stunnel が起動されるようになります。
    stunnel.conf の設定
    ; Sample stunnel configuration file by Michal Trojnara 2002-2006
    ; Some options used here may not be adequate for your particular configuration

    ; Certificate/key is needed in server mode and optional in client mode
    ; The default certificate is provided only for testing and should not
    ; be used in a production environment
    ;cert = stunnel.pem
    ;key = stunnel.pem

    ; Some performance tunings
    ;socket = l:TCP_NODELAY=1
    ;socket = r:TCP_NODELAY=1

    ; Workaround for Eudora bug
    ;options = DONT_INSERT_EMPTY_FRAGMENTS

    ; Authentication stuff
    ;verify = 2
    ; Don't forget to c_rehash CApath
    ;CApath = certs
    ; It's often easier to use CAfile
    ;CAfile = certs.pem
    ; Don't forget to c_rehash CRLpath
    ;CRLpath = crls
    ; Alternatively you can use CRLfile
    ;CRLfile = crls.pem

    ; Some debugging stuff useful for troubleshooting
    ;debug = 7
    ;output = stunnel.log

    ; Use it for client mode
    client = yes

    ; Service-level configuration

    [pop3s]
    accept = localhost:110
    connect = pop.gmail.com:995

    ;[imaps]
    ;accept = 993
    ;connect = 143

    ;[ssmtp]
    ;accept = 465
    ;connect = 25

    ;[https]
    ;accept = 443
    ;connect = 80
    ;TIMEOUTclose = 0

    ; vim:ft=dosini
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Apple
    Amazon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM