2019.04.15 Monday

フィレンツェ合宿、編み物教室始まる。

0

    フィレンツェ合宿。

     

    編み物教室が始まりました。

    先生はこの方、エレナ先生です。

    やさしく、厳しく、おもしろく、エレガントな先生です。

     

     

    お昼は事務所の方と近くのカフェレストランへ。

    ラザニアを注文しました。

    フィレンツェのレストランではよくラザニアを見かけました。

    そしてよく食べました。

    そしてそして、ラザニアはハズレがない。どこも同じ味です。

     

     

    翌日は市場へ。

    1階奥にサンドイッチのお店を発見。

    あとで知ることになるんですが、ここすごく有名らしくって行列のできるお店だそうです。

    私が行ったのはお昼ちょっと前だったのでそうでもなかった。

    日本語の説明文がありました。

    通路の向かいにテーブルがあり、ワインも注文してそこで食べることもできます。

     

     

    先にレジでチケットを買ってから、サンドイッチの列に並びます。

    見えるのは、モツの煮込んだものです。

     

     

    手前のトマトソースみたいなものと一緒に挟んでくれます。

     

     

    持って帰るというと、ビニールとアルミ箔に包んでくれます。

    ソースがちょっとピリ辛で、モツが温かくておいしかった。

    安くておいしいです。

     

     

    2019.04.09 Tuesday

    フィレンツェ合宿、キノコのリゾット。

    0

      フィレンツェ合宿。

       

      かばん屋さん。

      かばんと蝶のディスプレイに惹かれて入ってみた。

      お店のマダムがかばんを作っていた。

      全部手作りだそうで、作っているところを見せてもらった。

      マダムも私も無言で。

       

       

      大きな一本松。

       

       

      街路樹の伐採作業中。

       

       

      みなさん、結構近くで見学中。

      この丸いのもらったんだろうか。

       

       

      なんかちょっとハード的で激しい感じ。

       

       

      波乗りできそうなアルノ川。

       

       

      すんごくお腹が空いて、キノコのリゾット。

      地元の人と観光客が両方いるお店だった。

      お店の人がきびきびと働いていて気持ちの良いお店だった。

       

       

      キノコのリゾットとか、キノコのスープとかトスカーナでしか食べられない。

      南では出てこない料理。

      お米がちょっと固めな感じもイタリアっぽい。

      南ではお米料理もなし。

      フィレンツェはパンも独特。塩の味のないパン。

      イタリアのどこに行ったかに寄って食べる料理が違うから、旅行の記憶は人それぞれ。

       

      2019.04.08 Monday

      フィレンツェ合宿、毎回ピスタチオ。

      0

        フィレンツェ合宿。

         

        秋に来たときいろんなジェラート屋さんを教えてもらいました。

        どのお店も自家製でおいしい。

        特に果物のジェラートが多くて見た目も華やか。

         

        冬でもジェラート屋さんはちゃんと営業していて、

        今回も何度も食べました。

         

        目指して行ったお店は冬休みだったけど、もう一軒のジェラート屋さんへ。

        3ユーロでお釣りが来るくらい。

        毎回ピスタチオは選んでました。

         

         

        お店の中の様子。

         

         

        ショーケースの中。

        今見ているだけでもよだれが出ちゃうなあ。

         

         

        トスカーナのダイナミックな空が好き。

         

         

        アルノ川も淀んでいるよりも満々と流れがある方が好き。

         

         

        2月とは思えない美しさ。

         

         

        結局一度も入らなかったけど、フィレンツェのアップルストア。

         

         

        いつ見てもうっとりのメリーゴーランド。

         

         

        Duomo広場に戻ってきました。

        ここはお仕事の車しか入れない。

         

         

        フィレンツェのお仕事の車はどれもハード的にすごい。

        頑丈だし、かっこいい。

         

         

        雨上がりの建物と空は本当にきれい。

        観光客も多くなってきて、晴れを楽しんでいる。

         

         

        今回の合宿中、何度も秋田犬を見ました。

        大きくて落ち着いている。かっこいい。

        イタリアの人は秋田犬が好きです。

         

         

        今回も野良猫に一度も会わなかった。

        猫はいない???

         

        2019.04.05 Friday

        フィレンツェ合宿、ここにあるデザイン。

        0

          フィレンツェ合宿。

           

          もしかしてちゃんと描いた落書きは消されない?

          左の足だけ残ってるの、気になる。

           

           

          「アリババと40人の盗賊」、思い出す。

           

           

          キッチンの裏口か?

          イタリアの建物、結構地下がある。

          上に伸ばせない以上、掘ってみるという方法かも。

          このダンボールの山、なんか好きだ。

           

           

          ピッティ宮殿に来ました。

          すごい行列だった。

          写真撮りたくなりますよねー。

           

           

          撮りたくなりますよねー。

           

           

          全部石?

           

           

          石垣も激しい。

           

           

          日本の石垣は美しいけれど、

          イタリアのこれは、それはそれですごい。

           

           

          このお店、すごく入りたかったんだけど、

          自分がなにを聞きたいかも表現できないんじゃないかという怖さや

          遠慮に妨げられて、見るだけで終わってしまった。

          (まだ合宿初期で、度胸が弱かった)

           

          たぶん何かのお祭りとか儀式の衣装の専門店だと思います。

           

           

          ドレスもすごいけど、男の人の衣装もかっこいい。

           

           

          基本が白の場合、どう装飾するかというのがたいへん難しい。

          刺繍も控えめでありつつ主張する。

           

           

          首のところのレース、刺繍のデザイン、刺繍糸。

          どれをとってもうっとりしてしまう。

          日本の刺し子はデザインで遊んだりせずあくまでも黒子的な存在。

          この刺繍は布を強くするという機能の他に、文様や品を表現している。

           

           

          もしかしたら単なる現代のデザインかもしれないけれど、

          ここがフィレンツェというスパイスが強く効いている。

          私がここに来た意味ってこういうことじゃないだろうか。

           

          2019.04.04 Thursday

          フィレンツェ合宿、激混みポンテベッキオ。

          0

            フィレンツェ合宿。

             

            反射してて見にくいですが、

            こういうの見るとつい「じっくり見る」&「どのくらいの量の毛糸」と考えてしまう。

            やはり重いと思うんです。

             

             

            広場の名前とか建物の名前とか実はほとんど覚えなかった。

            んまあ、半分くらいひとりだったし。

             

             

            建物の間のように見えますが、ポンテベッキオです。

            橋の上に建物があります。

            ほとんどが貴金属やさんです。

            いつも竹下通り並に混んでいるのであまり通らないようにしてました。

             

             

            ポンテベッキオの上からずっと回廊が続いています。

            メディチ家の人が外を歩かずに移動するため、だったっけな。

            ぜいたくなことです。

             

             

            雨上がりのアルノ川。

            すごい水量と水流。

             

             

            下流から見たポンテベッキオ。

            橋が落ちないのだろうかといつも心配になるけれど

            昔の建築方法で今まで持っているのだから大丈夫なんだろう。

             

             

            はじめて見た、公衆トイレ。

            中に集金係の人が座っています。

            確かアジアの女性。

            ヨーロッパでアジアの人の身分は高くないというと驚く方がいますが、

            こういうことなんだなと今回改めて実感。

             

             

            自転車(だったもの)と落書き。

             

             

            北に来ると「洗濯物が外に干されていない」ことに驚く。

            どこに干しているのか。

             

             

            それにしても真っ直ぐな壁の連続。

             

             

            街を保とうとする努力。

            日本は規制がないとタワマンだらけになる。

             

             

            トスカーナに来たらやはりピノッキオ。

             

             

            フィレンツェは通り過ぎる街だ。

            昔みたいにブランドショップの大きな紙袋をいくつも持っている観光客は少なくなった。

            ローマやミラノの免税店で買ったほうが手続きも楽だろう。

            ここにしかないお店やものがどのくらいあるのだろう。

            トスカーナらしい食べるものはたくさんありそうだ。

            今回フィレンツェという街についてずいぶん考えた。

            私は観光地として世界に君臨していると思っていたが、

            実はそうではなく、すごく努力しているということを知った。

             

            2019.04.03 Wednesday

            フィレンツェ合宿、日曜日。

            0

              フィレンツェ合宿。

               

              この日は日曜日。

              フィレンツェの街において週末は「のんびり」ではなく、

              「稼ぎ時」的な時間です。

               

              私の借りたアパートの中庭。

               

               

              中庭のオリーブ。

              案外陽が当たります。

               

               

              通りに出ると、早速なんかやってる。

               

               

              デモ。なんだか楽しそうだった。

              そう思うと日本のデモってお葬式の参列みたいなときある。

               

               

              フィレンツェのシンボル。

              工事は少しずつ進んでいる。

               

               

              少しずつ。

              たぶん効率とか期限とか、そういうことは小さなことなんだと思う。

               

               

              お天気良し。

               

               

              この方たちが知り合いかどうかはわからないが、

              犬たちは親交を深めている。

               

               

              Duomoとここがわかっていれば迷子になっても大丈夫、だった。

               

               

              ニューヨークにも、プロチダにも、メリーゴーランドはある。

              日本には遊園地にしかない感じ。

               

               

               

              2019.04.02 Tuesday

              フィレンツェ合宿、イタリアの「赤」。

              0

                フィレンツェ合宿。

                 

                働く車が好き。

                そして働く車の置き場所も好き。

                (バスの駐機場とか、郵便局の本局の裏とか)

                 

                 

                サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の裏の広場。

                この日は雨でしたが、ここの広場、適度な空き具合で嫌いじゃない。

                しかし晴れの日は物売りがいる。

                 

                 

                Duomoのような派手さはないものの、ここも撮影スポット。

                トラム乗り場が近くていい。

                 

                 

                アンティークショップっぽい。

                鞄とか靴とかじゃなくて、一体なんなのかわからないものに心惹かれる。

                もちろんビーズのバッグとかもじっくり見る。

                 

                 

                左奥の短いワンピース、すごく惹かれる。

                しかし、今思うとなぜここに入らなかったんだろう。

                外から見るだけだった。

                 

                 

                イタリアの「赤」ってやっぱり日本の赤と違う。

                 

                 

                赤いサンダル。

                例えばこれを履いたら絶対に足が痛くなるとか

                皮がむけるとかそういうことになるとわかっていても

                ほしい。

                 

                 

                フィレンツェに来たばかりだから撮った風景。

                慣れてくるとこういうものにも気を止めなくなる。

                トンネルの上に住んでいるの、か。

                自分が住んだらどうだろうと想像する。

                どう考えても楽しそうだから。

                 

                 

                自分の展示でもこういう工夫したい。

                自分の発想が貧困というよりも、見たらもっと豊かになると考えたい。

                 

                 

                真ん中のブレスレット、今なら買う。

                その下のブローチも、買うかどうかその場で考えたい。

                 

                 

                これは街並みを撮ったのではなく、空を撮りました。

                 

                 

                ドルチェ&ガッバーナ。

                日本でブランド物を見ているとつい「高いブランド」と同列にとらえてしまうけれど、

                イタリアの中ではもっとファッションの世界が細分化されていて

                多様性地図ができあがっている。

                日本にいるドルチェ&ガッバーナは単なるローマ帝国の出張所って感じ。

                 

                 

                「展示」という視点で見るとフィレンツェは刺激的。

                欲しくなる感じではなく、訴えかけてくる。

                私は、もっと、もっと感じられるようになるのでは?

                 

                 

                こうして写真を見ていると、自分がなにが好きかわかる。

                どうでもいいものにシャッターは切らない。

                写真を見返して改めて感じて、考える。

                自分のアイディアの泉の呼び水になるだろう。

                 

                2019.04.01 Monday

                フィレンツェ合宿、タコの黒い涙。

                0

                  フィレンツェ合宿。

                   

                  映画「GREEN BOOK」のポスター。

                  だいぶあとの話になりますが、編み物の先生エレナが一緒に行こうというので

                  見ないで我慢していたら、その約束そのものを忘れてしまったようで

                  とうとうフィレンツェでは見られなかった。

                  日本で(しっかり内容を把握しつつ)見ました。

                  イタリア人の約束の程度の硬さがまだ計れない。

                   

                   

                  イタリアの建物のこのアーチが好きだ。

                   

                   

                  このお二人、どういう関係かまったく知らないんだけど、なんかいい感じ。

                  イタリアってこういう年齢差の組み合わせって結構ある。

                  日本とは上下関係が違う感じが好きなんだ。

                   

                   

                  怖い+可愛い、が形になっている。

                   

                   

                  ここは学校の壁みたい。

                  完成度の高さに感心してじっと見てしまった。

                  タコの黒い涙。

                   

                   

                  古いだけじゃないフィレンツェがここにある。

                  こちらは白い歯。

                   

                   

                  クールな眼鏡屋。

                   

                   

                  寒そうな写真。

                  でもそんなに寒くなった。

                   

                   

                  駅の裏側のなんとか要塞。

                  ちょっとザクっぽい。

                   

                   

                  最終日に一度だけ乗ったトラム。

                  使いこなせばいろんなところに行けただろう、か。

                   

                   

                  2019.03.28 Thursday

                  フィレンツェ合宿、ウェディングドレス。

                  0

                    イタリアの張り紙。

                    どの街でもこんな感じでのりでべったり貼ってある。

                    剥がさないで上から貼るタイプ。

                     

                     

                    フィレンツェの街は美観に努めているようであまり落書きはないけれど、

                    (南の方はすごい)

                    こういうの見ると撮りたくなる。

                     

                     

                    フィレンツェのゴミ箱。

                    他にも根こそぎ回収型がありまして、後日紹介します。

                     

                     

                    自転車専用道路。

                    日本も早くそうなるといいね。

                     

                     

                    イタリアのバールはどこもかっこいい。

                     

                     

                    さてここからはウェディングドレスの紹介。

                    きれい、ほんときれい。

                     

                     

                    お腹の下からふわふわが始まってる。

                    肩と腕はレース。

                    どんな人がこれを着るんだろう。

                    うっとり。

                     

                     

                    靴も純白。

                     

                     

                    手袋もぴかぴか。

                    シルクなのかなあ。

                     

                     

                    違うタイプのドレスもありまして。

                    セールの時期なので、40%だそうです。

                    (イタリアの文化が買い取りなのかレンタルなのかは不明)

                     

                     

                    黒いビーズのドレス。

                    これ手縫いよね、きっと。

                    こういうのやってみたい。

                     

                     

                    別のお店ですが、こういう展示も。

                     

                     

                    イタリアは1月がセールの季節。

                    どうもその名残りで2月も続けているようだ。

                    特に中国人観光客に向けて春節のセールもかぶせているようで

                    中心地はずっとセールをしていた。

                     

                    2019.03.27 Wednesday

                    フィレンツェ合宿、街行く人々。

                    0

                      フィレンツェ合宿レポート。

                       

                      フィレンツェの街に万年筆のお店、多かった。

                      安いものも高いものもあります。

                      LAMYはドイツ製だけど、モダンでリーズナブル。

                      通りの向かいにクラシックな万年筆屋もあり。

                       

                       

                      こういう街並みも新鮮で、最初は写真を撮っていました。

                       

                       

                      これ、相当頑丈な鉄格子。

                      セキュリティーというよりも内部からの逃亡を防ぐ雰囲気あります。

                       

                       

                      寄せ集め的な通行止め。

                       

                       

                      ここからは、通りを歩く人達シリーズ。

                      ちょいワルってこういうことじゃない?

                       

                       

                      赤が効いてる。

                       

                       

                      雨上がりでした。

                       

                       

                      この広場はバスターミナルでもあります。

                      中心地にはバスも入れないので、ここがバス乗り場。

                       

                       

                      ずっとここに立ってる。

                       

                       

                      マダムがすてきなんです。

                       

                       

                      歩きスマフォ=しゃべりスマフォ、です。

                      ここでは普通です。

                       

                       

                      寒そうなんですが、ヨーロッパの方の足元はけっこう薄着なんですよね。

                      冷えがなんとかって日本人だけ?

                       

                       

                      最初の数日は編み物教室が始まってなかったので街を探索しておりました。

                      今思うとこのときが一番時間があって、心にも余裕がありました。

                      映画なに見ようかなあとか、

                      橋のあっち側はどうなっているかなあとか、

                      前会った人にまた会いたいなとか、

                      いろんなことが「いつか」な感じでした。

                       

                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      Apple
                      Amazon
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM