2019.10.24 Thursday

個展終了しました、ありがとうございました。

0

    おかげさまで昨日原宿での個展を無事に終えることができました。いろんな方に来ていただいて楽しい3日間でした。

    来ていただいた方、ありがとうございました。気にかけていただいている方、ありがとうございます。

     

    今回は未完成なものをひたすら仕上げていったり、「考えるニット」と称してプレゼン資料を作ったりしました。

    やりたいことがどんどんエスカレートしている感じではありますが、個展なので誰からも怒られることなく、むしろ理解してくれようとする方が多くて、うれしかったです。全部が伝わったかどうかわかりませんが、そんなに簡単な世の中でもないと思っています。

     

    アートな場所にいて一番楽ちんなのは年齢の壁を取っ払えるということです。若い方も年配の方もアートを愛するという共通の土俵の上では平等です。自分の知っていること、自分の知らないこと、相手の知っていること、相手の知らないことを時間の限り語り合うことができるのです。上下関係もなければ、マウンテングする必要もありません。ときどきそういうから外れた方が来ます。そういうときはギャラリーの方にお世話になる(ヘルプミー!です)だけのことです。

     

    逆に言いますと、興味のない方は部屋に入ってこないので、自分の作品力やコンセプト力が問われます。何時間も一人ぼっちなんて当たり前です。それくらい厳しさもあります。しかしそんなことでへこたれていては自分のやりたいことは突き通せません。

     

    私の説明したことをギャラリースタッフの伊坂くんが上手にまとめてくれていますので、もしお時間がありましたらご一読ください。

    今後同じテーマでやるかどうかはわかりませんが(もちろん年度が変わったら違うことをやります)、また機会があれば春に近いあたりでもう一度プチimperfettoをやるかもしれません。

     

    改めて、ありがとうございます。

     

    2019.09.24 Tuesday

    来月個展します。

    0

      昨日ギャラリーを予約。テーマも決定、「未完成と半過去」。

      ここでだけ説明しておくと、おおもとはイタリア語の「imperfetto」で未完成という意味と、文法の半過去という時制を表す。つまりテーマの中身はどちらも「imperfetto」なのだ。だけど、これはイタリア語を知っている人にしか通じないダジャレ的な遊びなので、説明しても仕方ないだろう。

      未完成の作品を展示して、期間中に編みながら完成させるという実演を主な目的としている。マフラーならば完成までの道のりが想像できると思うけれど、手袋とかセーターとか知らない人には新鮮かもしれない。

      この展示が2019ー20年シリーズンの皮切りとなります。というわけで、現在必死に準備中。

       

      2019.08.21 Wednesday

      背の高さくらい編む。

      0

        何を編もうかなあと考えて、考えているだけで全然具体化してこない。まあこういう無風なときは年に何度かあり、ジタバタしてもしょうがないので降ってくるのをじっと待つ。その間に作品を整理して、解くものを決めて、アレンジするものをして、紡ぐものを紡いで、細かい始末をしていく。忙しいときにはこういうことできないから。

        書道をする方が以前自分の背丈くらい書かないと上手にならないといっていた。そういうものらしい。今日作品を整理していたら結構な高さになり、編み物も同じかもしれないと思った。

         

         

        2019.08.18 Sunday

        編んだり読んだり。

        0

          先日思いついたのは編み地のサンプルを作ること。これをしておけば自分がどういう模様にしようか考えるとき、だれかに模様を提案したいときに大きな助けになってくれるはず。これまで編んだものを中心に作り始めた。編み始めたら楽しくて楽しくて、あれも編もうこれも編もうとどんどん針が進む。ときに本を読んだりお茶を飲んだり休憩しつつ編む。編むの久しぶりだったから喜びが大きかった。

          アガサ・クリスティの「春にして君を離れ」読み終える。前半退屈だったけれど主人公が自分の人生の巨悪(あえてこう表現)に気づいたところから俄然面白くなる。これは人生相談のコーナーで紹介されていた本だった。兄弟に絶縁された姉がなぜこうなってしまったのか(自分には原因がないと思っている)相談していたのだ。まさのこの本の通り。ぞっとする内容だった。主人公は自分のこれまでの態度に気づく。謝罪とか感謝をすることをしようとするのに結局何もせずこれまで通り生き続ける。再度ぞっとする。すごくおもしろかった。

           

           

          2019.08.15 Thursday

          アリのように。

          0

            風邪が少し良くなって、気持ちに余裕ができて、毛糸づくりに励んでおりました。「アリとキリギリス」のアリのように、とにかく夏の間働いておかないと秋冬に展示ができません。作っても作っても足りないくらいです。編む方が簡単なくらいです。

            イタリアのアリは甘いものには見向きもしませんでした。虫の死骸や肉のようなものに群がります。完全な肉食です。人間も死んだらアリで真っ黒になると思います。イタリアの冬は厳しいのかもしれません。

             

            2019.06.09 Sunday

            令和元年始動。

            0

              これまで定速ですごしてきたが、とうとう今シーズンの第一次本気モードに入るときがきた。展示のオファーが来たのだ。今年は日本では展示しないつもりだったんだけど、これで考えが変わった。今年のスケジュールを大雑把に組み直してみると、もう来年の2月までいっぱいになってしまった。となると作品を作っていかねばならない。さらには毛糸を作っていかねばならない。さらにさらに染めなくてはいけないのだ。ぼーっとしている場合ではない。今年はどういう方針で展示するのか、テーマはどうするのか、具体的な作品内容は、考えることはたくさんある。

              2019.06.03 Monday

              月間スケジュール。

              0

                今月の予定を立てようとあれこれ考えていた。だがなかなかいい案が浮かばない。やらねばならないがわくわくするようなスケジュールが浮かんでこないのだ。ちょっと違うことを考え始めた。私は今年フィレンツェに行ったときにプロチダの友達がジャムを送ってくれたのだ。そうだ、この人にお礼をしたい。何を買おうかとずっと考えていた。しかし自分が一番できることは編むことだ。そうだ、この人に編んだものをプレゼントしよう。そう思った途端にあれを編みたい、これも編みたいとどんどん浮かんできて、頭の中のスケジュールはいっぱいになってしまった。まずは目の前のものを「終わらせる作戦」を実行した。編みかけのものとこれから編みたいものを書き出して、毛糸が足りるか、足りない場合どの毛糸が必要かを考えた。買いに行くとしたらいつか。などなど考えている間に6月が猛烈に埋まっていった。しばらくは編みたいだけ編むことにした。楽しい午後だった。

                 

                2019.01.14 Monday

                個展無事に終わりました。ありがとうございます。振り返りと謝辞。

                0

                  昨日無事に門前仲町Chaabeeさんでの個展終了しました。たくさんの方に来ていただきました。ありがとうございます。気にかけてくださった方、ありがとうございます。

                   

                   

                  新しい方とたくさん知り合いました。長く会えなかった友達にも会えました。いつも来てくれる友達にも会えました。こんなありがたいことないなあといつも思います。

                  たくさんの作品が旅立っていきました。うれしいです。涙がでるほどうれしいです。また編んでいこうという勇気がわいてきました。

                   

                  (ちょっと長くなるかもしれません)

                  表現者として、表現せずにおれない。どんどん表現していくと自分の思いはかないますが、自分のわがままだけが立ち上がっていく世界になっていきます。世の中との接点のないままでは表現者ではありますが、芸術としては育っていかない気がしています。見てもらって、反応してもらって、自分の立ち位置を確かめていく。もちろんその後にまた次の材料を買えるようなお代をいただけると更にうれしい。しかしときに表現者として自信を失うときもあります。そういうときに友だちに会ったり、創作仲間に会って、また刺激をもらい、またエンジンをかけ直すの連続です。なかなか成長している実感がわかないですが、個展を継続して見守っている方がいると、率直な感想をいってくれたりして、もう抱きつきたくなるほどの感謝です。

                   

                  これからも継続して編んできます。どうぞよろしくお願いします。

                   

                  2018.12.23 Sunday

                  個展終わりました。ありがとうございました。

                  0

                    12月20日無事に個展が終了しました。

                    ギャラリーのスタッフさんが丁寧にレポートしてくださいました。

                    とても上手に書いてくださっています。

                     

                    お越しいただいた方、ありがとうございます。

                    気にかけていただいている方、ありがとうございます。

                    みなさまのおかげで個展ができましたし、

                    また次回開催できます。

                     

                     

                    今回も新しい出会いがたくさんありました。

                    日本の方もそうですが、外国の方にたくさん会いました。

                    英語が得意ではない私は「イタリア語、勉強してます」というと

                    イタリア語で返してくれる、というパターンが増えてきました。

                    特に今回はイタリア語を話せるアメリカ人の方がいて

                    話が弾みまくって、このまま8時を迎えるんじゃないかと思ったほどです。

                     

                    「創造と解体」の取り組みは私としては大成功でした。

                    新しい境地といっても過言ではない。

                    まだいろいろできそうな気がします。

                    春の陣、または継続して2019シーズンをお楽しみに。

                     

                    1月もまた活動します。

                    またお知らせします。

                    お楽しみに。

                     

                    2018.12.20 Thursday

                    個展二日目です。出会いが楽しい。

                    0

                      個展2日目が終わりました。

                      初日に解体し再構築した日本画。

                      ふたつの裸婦像がモザイク状になり

                      まるで現代アートです。

                      最終日にもうちょっと続きをやります。

                       

                       

                      午後はアルパカの毛糸の試作(下半分)と

                      藍染の羊毛をでかいブラシでとかす作業(上半分)を

                      ずっとやってました。

                       

                       

                      今日はロシア人の方と話す機会がありました。

                      (昨日はコロンビア人の方とイタリア語で会話)

                      あいさつさえもおぼつかない、のであります。

                      こんなに近い国なのに。

                      というわけで、ロシアの方に吉祥寺のおいしいロシア料理のお店を

                      教えてもらいました。

                       

                      オランダのご家族も来てくれました。

                      パパ、ママ、おねえちゃん(4)、妹(2)です。

                      オランダを出て半年間旅をしているそうです。

                      ロシア、アジアを回って、日本で2ヶ月。

                      九州と四国を回って東京に。

                      九州で温泉入りましたか?って聞いたら

                      「ベップ!」「スゴイ」といってました。

                      今週末でその旅も終わるそうです。

                      半年の間に姉妹はどんなに大きくなったことでしょうか。

                       

                      楽しい一日でした。

                      それも明日で終わり。

                      私は展示中毒です。

                       

                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      Apple
                      Amazon
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM