2012.09.29 Saturday

旅のキオク:最後のキオク

0


    帰る日の海。
    日曜日だったから湾には朝からたくさんのボート。
    漁船はお休み。
    海の色は夏らしく、波は輝いている。

    いつも変わらないと思っていたこの景色。
    実は漁船が減っていたり、ボートも実は少ないかもしれない。
    不況でバカンスをしなくなったイタリア人。
    実は南イタリアのこの島はイタリアの、そしてヨーロッパの経済の波に
    ゆらゆらと揺れる島だった。

    そのことを知って悲しくなる。
    来年は少しでも良くなっていますように。

    2012.09.28 Friday

    旅のキオク:私のマリアさま

    0


      もしかしてこのマリアさまの写真はたくさんあるのかもしれない。
      数年前Corricelllaに降りる階段の途中に貼ってあった。
      そのあとはがれてぴらぴらしていた。
      今回の旅でまたこのマリアさまに再会した。
      マリアさまはちょっとうっとりするような顔をしている。
      ピンクのお花や赤いハート?とともに描かれているので全体的に温かい感じがする。
      不思議な表情。
      だからこそ忘れられなかったのかもしれない。
      また来年も会えるだろうか。

      2012.09.27 Thursday

      旅のキオク:朝ごはん!

      0
        旅の報告もあと少し。
        夏が恋しいです。
        日本にいるとそんなことちっとも思わないのに。



        今日も晴れです。



        今年から追加になったブルスケッタと、チーズ、サラミです。
        トスカーナに泊まったときはチーズや生ハムが出てきてましたが、
        南ではこういう豪華な朝食は珍しいかもしれません。

        ブルスケッタは、左上にある丸いパンの上に右端のトマトを載せて食べます。
        トマトは絶妙な塩加減とオリーブオイルで美味です。
        きっとGiovannaさんの手作りです。
        愛がこもっています。



        オレンジのジュースはすっっっぱいです。
        イタリア語でいうならla Spremuta d'aranciaです。
        今日のドルチェは黒板にあった通り、sfogliate ricce mignonです。
        パイのお菓子です。
        これもGiovannaさんの手作りです。
        弟子になろうかな。



        右の方にある白い器に入っているのはレモンのジャムです。
        これもGiovannaさんの手作りです。
        これ、とってもおいしいんです。
        プローチダの大きなレモンは皮も厚くて、その皮がザクザクとした
        食感を残していて、良い感じなんです。
        販売したらいいと思います。

        果物も山盛りです。今回の発見は熟したキューイでした。
        ジューシーで甘くておいしかった。
        日本で売っているキューイはまだ青いんだということを知りました。



        パンはヒーターで温めてあります。
        中にちょっとだけカスタードクリームが入っています。
        このパンは近所のパン屋さんに毎朝Francoさんが買いに行きます。
        あまりに早く朝食の庭に行くと、Francoさんにパンを買ってくるから待ってて
        といわれたことがあります。
        おいしいパン屋さんが近所にあるっていいですね。

        これが毎朝の朝食です。

        2012.09.26 Wednesday

        旅のキオク:生活の中で

        0
          ここ数年日本でも街を歩いていてどこかのおたくの鉢植えとか玄関とか車庫とか
          そういう生活の一部みたいな景色が気になり始めました。
          きっと外国から来た人にはこういうものがいちいち新鮮に見えるんだなと。



          ほったらかされているのか、育ててもらっているのか。



          Portoからここにたどり着くとうわーって思うんですが、
          この街の人にとってこの広場は
          夕方人が集まるところ、ときどきお祭りをするところ、
          水曜日は教会のおばさんたちがpaniniのチャリティーをやるところ
          という生活の一部の場所です。
          この島全体が生活と観光がうまく重なったところだと思います。



          日本も洗濯物干しているおたくたくさんあります。
          イタリアだとちょっとおしゃれな感じがするのはなぜかなあ。



          たぶんこの一帯はNHKのふれあい街歩きの番組で散歩していたところだと思います。
          窓の色、玄関のドア、壁の色、車庫の格子、石畳、植木、
          夜になると小さな街灯が温かく照らしてくれる。
          ずっとずっと昔からここには人が住んでいて
          私たち観光客はその一日とか数時間をお邪魔させてもらっているだけ。

          2012.09.25 Tuesday

          旅のキオク:小さな車たち

          0
            今日は車特集です。
            せまい島のせまい道路には小さな車です。



            Portoにいました。三輪ですね。



            後ろはこうなっています。
            黒と赤がかっこいい。
            荷台もすっきり。
            予備のタイヤもかわいい。



            そうです、二人乗ります。
            ちょっと無理矢理っぽいですが。
            港に奥さんを迎えに行ったのかもしれません。



            乗っているのか飾りになっているのか。
            ボンネットがいまにも開きそうでこわい。
            猫の日除けかもしれません。

            みなさんやはりイタリア人、運転がうまいです。
            人とすれ違うときも結構なスピードですし、
            バスもどんなに狭くても運転テクで切り抜けます。
            石畳のがたがたの道も運転慣れています。

            2012.09.24 Monday

            旅のキオク:いかにも

            0
              南イタリアに行ったことがある人もない人も
              なんとなくその写真を見ると、っぽいなあと感じることありますね。
              この島を写真に撮るとどこを切り取ってもいかにもな写真が撮れるんです。



              ここの角にはアイスクリーム屋があって、
              隣は雑貨屋さんで、
              バールがあって、
              レストランFammiventoがあって、
              マリーナまでの道が続いています。
              この浮き輪やらアイスクリームの看板がいやおうなく
              夏の気分を盛り上げてくれます。



              アイスクリーム屋さんの角を曲がって、
              ビーチサンダルやお惣菜や八百屋を通り越して
              次の三叉路にあるのがこのお店です。
              ボールやらパラソルやらビート板やら、
              そしてちょっと見えにくいですがござもあるんです。



              三叉路に教会もあります。
              この交差する旗がなんとなくお祭り気分。
              それだけで南イタリアを演出している気がします。



              そのお店の三叉路を左に曲がるとこの道路です。
              細いですが、島の幹線道路の一つです。
              この道がなくなったらTerraMurataにもCorricellaにも行けなくなっちゃいます。

              私の夢は地図を作って、もっと島を詳しく案内したいのです。
              毎年Procidaの地図は更新されていますが、
              この島に来た人が「時間が足りなかった!もう一度来たい!」と
              思わせるような案内をして、
              次に来た時は泊まってもらえるような旅をしてほしいんです。

              2012.09.23 Sunday

              旅のチカラ:黄色特集

              0


                カラーで写真で見ると自分が自然に引きつけられている色が
                あることに気が付きました。
                昨日の写真にも、おとといの写真にも黄色が入っていることに
                気がついて、今日は黄色で特集します。

                ここはバールです。
                椅子が黄色でほんとすてきです。
                毎年写真を撮ってしまうんです。



                電気屋さんのチラシの集合体です。
                実にシンプルなチラシだ。



                これから海に遊びに行くんですね。

                旅に行くときはつい無難な色の服を選んでしまうけれど、
                イタリアにいると案外それが目立っていたのかもしれないという気がしてきました。
                バカンスを楽しむというのもあるけれど、日本人の目立たないように
                という気質がこういうとこにも出ているんだなと。
                来年からはちょっと工夫して夏らしい色を持って行こう。

                2012.09.22 Saturday

                旅のキオク:カラフルになります

                0
                  夏のプローチダ島はカラフルになります。



                  ビーチサンダルとビキニの陳列。
                  これを見るのが好き。
                  これも昼休みと営業終了時にはすっかり片付けられます。



                  夏には鳥の丸焼きとか持ち帰りのパンなんかを売っています。

                  この島が田舎というのもありますが、レストランやスーパーが閉まっている時間に
                  物を食べるというのはたいへんなことです。
                  コンビニもありませんし、ずっと開いているお店もありません。
                  (日本は便利すぎ・・・)
                  そういうときに持ち帰りのお店はありがたい存在です。
                  (もちろんあらかじめ買っておかないと閉まっちゃいます)
                  イタリアの生活時間というものがわかってきてからはお店の意味も分かって来ました。



                  ここもセールしてます。
                  いつもディスプレイを工夫してて気になるお店。
                  (入ったことない)

                  2012.09.21 Friday

                  旅のキオク:八百屋の色

                  0
                    今日は八百屋さんを紹介します。
                    私は八百屋さんの写真を撮るのがたいへん好きです。
                    カラフルだし、季節を感じるし、物価もわかります。

                    まずは近所の八百屋さんです。
                    サルバトーレというおじさんが経営してます。



                    私の好きな蟠桃(孫悟空が食べた、らしいです)がありますね。
                    ここに売っていたのか。1キロで3.5ユーロ、安い。
                    手前の丸い桃は1キロ2.5ユーロ。



                    こちらの棚はトマトがいっぱい。
                    まだ青いのもあるし、つるがついているのもある。
                    トマトの札にPROCIDAと書いてありますから、地物なんですね。
                    やはり地産地消!

                    次はグランドポルトに向かう途中の八百屋さんです。
                    ここで買い物をしたことはないんですが、盛大に広げて商売してます。
                    ヨットハーバーも近いので船のお客さんも買い物に来るのかもしれません。



                    そうそう、おじいさんが座ってました。お店の人ではないと思うんですが。



                    こういう日常的な風景が好きです。



                    メロンとキャベツとピーマンの彩りがいいですね。
                    手前のメロンよりも向こう側のきのこがきになったんです。
                    あれなんでしょうね。
                    イアリアの人はどうやって食べるのか。



                    なんか生きているように見える。

                    八百屋さん、いや八百屋さんに限らないんですが
                    びっくりすることは、どんなに道に広げてても
                    昼休みになると何一つなくなっているということです。
                    台も箱も。
                    ここが何のお店だったか思い出せなくなるくらいきれいに片付いてるんです。
                    そしてまた4時になると広げるんです。
                    そしてまた夜になると片付ける。
                    一日に2回も出したり入れたり。結構な重労働です。
                    感心します。

                    2012.09.20 Thursday

                    旅のキオク:朝食

                    0


                      今日もいい天気。
                      写真の真ん中下にサンルーフみたいなの見えますか?
                      あそこは普通のおたくなんですが、
                      ご飯を食べたり、子供が宿題をやったり、
                      お母さんがのんびりリラックスしたり、
                      なんだかとっても幸せそうなおたくなんです。
                      一度話をしてみたいと思っているんですが、
                      なかなか夢かなわず旅を重ねています。



                      今日も晴れです。
                      海は穏やか。
                      気温は最高で35度です。
                      今日のケーキはオレンジとチョコレートのタルトです。



                      手前にあるのがそのタルトです。
                      他にもサラミとか玉ねぎのパンとかレモンのジャムとか取りました。
                      今年の夏からブルスケッタも登場したので、その写真はまた後日。

                      水色のふたのジュースがあります。
                      ふたには数字が書いてあります。
                      これはナポリのサッカーチームのシンボルカラーと選手の背番号です。
                      最近ナポリは強いですから、スポンサーも宣伝のしがいがあります。

                      明日は街の八百屋さんを紹介します。
                      野菜が本当に安いんですよ。

                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      Apple
                      Amazon
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      愛と情熱のジプシーズ
                      愛と情熱のジプシーズ (JUGEMレビュー »)
                      チコ&ザ・ジプシーズ,松崎しげる with チコ&ザ・ジプシーズ,シャルル・アズナブール,ルセンゾ,ソフィア・エッサイディ,パトリック・フィオリ,シゲル・マツザキ,松崎しげる,フローラン・パニー,ジュリアン・ドレ,ナナ・ムスクーリ
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM