革細工とうなぎとトルコの赤い毛糸。

昨日の夜、編み物はせずにパッチワークをしたり、

運針(最近知った)したりして、

創作意欲を高めすぎず、落とさずを保つ。

前々から糸切り鋏のカバーを作りたくて

思い立って作ってみた。

素人仕事の割にはよいではないか。

 

 

久しぶりに横浜に行く。

高島屋の野田岩で久しぶりにうなぎを食べる。

ああ、日本に住んでいてよかった。

そのあと7階のホビーラホビーレをのぞく。

ちょうどセールをやっていて赤いかわいい毛糸を見つける。

 

 

エクストラファインスーパーウォッシュメリノ。

トルコ製で、手染めだそうです。

色も、肌触りもうっとりであります。

 

|2017.01.22 Sunday|創るcomments(0)|by ciao

刺繍糸を選んで。

温泉合宿の成果のひとつ、布巾の刺繍。

特に技術はないんだけど、刺繍糸を選んでいるだけで楽しい。

合宿中は3枚。

 

 

やりかけだったものを適当に完成させて仕上げ。

 

 

もうちょっと探したら出てきた布巾。

過去の自分の作品にちょっとした驚き。

 

 

布巾はまだまだあるから、時間を見つけて刺繍しまくるぞ。

 

|2016.10.01 Saturday|創るcomments(0)|by ciao

金継ぎ教室に行ってきました。

今日は金継ぎ教室へ。
ずっと「かなつぎ」と思っていたけれど
それは間違いで「きんつぎ」でした。



お皿と器とマグカップを修理。
壊れてばかりであきらめていたものばかりだったので
こうして直せることが分かってうれしい。

金継ぎは修理だけではなくて
できあがったら芸術に近づく。
そもそも割れ方が違うし
金だけじゃなくて銀にも色にもできる。
直したところに色を塗るだけじゃなくて
ひびをなぞったり
太さを変えたり。
先生は「景色」といっていた。

書道的だったり
日本画的だったり
ポップアートだったり。
これはなかなかおもしろい世界だぞ。
 
|2016.05.28 Saturday|創るcomments(0)|by ciao

引っ張ったり引っ張られたり、したい。

新しい個展や展示に向けて夢が広がる。
今作っている作品のめどが立ってきて、
時間に少し余裕が出てきた。
あれもしたい、これもしたいと欲はあるが
個々の夢だけではなく、
トータルで展示するときそれぞれがつながっていたほうがおもしろい。
食事の取り合わせみたいに
「白くて温かいご飯があったらなあ」
という場面に応えられるような展示をしたいのだ。
しかも作ってる側の独りよがりではいけない。
去年はかなり一人相撲であった。
それはそれで勝負をかけたのだからよい。
見ている人に媚びたくはないが
引っ張ったり引っ張られたりできるといいなと思う。

|2015.11.02 Monday|創るcomments(0)|by ciao

外部エネルギーは常に。

昨日はじめて白金台のミナ・ペルホネンに行った。
置いてあるものはそんなに多くないけれど
どれも作りが凝っている。
刺繍は皆さんのオリジナルデザインだ。

私はワンピースを見たいなという気持ちで行ったんだけれど
お店に入ったときから
皆さんの創作に圧倒されていた。
勢いがある。
エネルギーがある。
むしろそれを抑えているように思えた。

ミナ・ペルホネンの商品を買いたいというのとは別じゃないかという気がしてきた。
どちらかというと先輩のアトリエにお邪魔したという感じ方だ。
先輩が作っているものを初めて間近で見たような受け止め方だ。

今朝になって思った。
なにか物を作るということはその元になるエネルギー源を
常に供給し続けることでもある。
大きな何かから衝撃を受けて、一生その影響で作るなんてありえない。
強いエネルギーだったり、弱くても持続できるエネルギーだったりを
常に自分で注入し続ける必要があるのだ。

なんだか気づくのが遅かった気もするけれど
これが分かったのなら
これから、少し楽になるかもしれないという気がする。

|2015.09.24 Thursday|創るcomments(0)|by ciao

手芸のコンシェルジュ。

靴下を編んで毛糸が尽きてしまった。昼をはさんでカーディガンのパーツを全部合体させたあと、手芸屋さんにボタンを買いに行く。ここの手芸屋さんはコンシェルジュのようなおじさんとおばさんがいる。入ってドアを開けたら何をしに来たか言えばいいのである。最初は苦手だったけれど慣れてくると実に楽な方式で、実はイタリアで買い物をするときはすべてこういうタイプの買い方になっているから言葉が通じないと実にしんどいのである。で話を戻すと、カーディガンを取り出してこれに合うボタンをとお願いするとおじさんがあれこれと選んでくれた。専門家であるおばさんを呼んでサイズを決めてくれてすべてが決まった。グレーのカーディガンに茶色い革のボタンである。実にかっこいい。そしておばさんから技術的なことを次々と伝授された。ボタン穴はかがると丈夫になって良い。ボタンはボタン取り付けの専用糸が良い。綿100%ではなくアクリルが入っているから丈夫なんだそうだ。色も豊富にそろっていた。おじさんは茶色い糸を選んでくれた。そして、ボタンには裏ボタンを付けよ。毛糸が伸びなくて良い。なんと親切なことか。本にはそういうことは書いていない。基礎知識すぎるのか、書き切れないのか。私の作品もとてもほめてくれた。また来てくださいと言われ、何度も感謝して帰る。今度行くときはメリノの毛糸があるかどうか聞いてみよう。
|2013.09.10 Tuesday|創るcomments(0)|by ciao

カーディガン編み始める。

昨日の夜からカーディガンを編み始める。太い糸と太い輪針でざくざく編む。楽しい。今回はじめてゲージを取ってみた。これまで面倒だと思ってやらなかったけれど、アラン模様とか表編みと裏編みが複雑なところは練習になってよかった。本に書いてある指定の糸とは太さが違うから時々確かめながら編んでいるところ。まずは右の前身頃から。楽しい。
昨日からベランダに蝉がいる。生きている。午後もまだいる。どうしたいのか。ちょっと怖い。
今朝近くの交差点で交通事故があったようだ。警察が来ていた。けがした人はいないみたいだけれど、ここの交差点よく事故が起きる。魔物が潜んでいるのか。

|2013.07.31 Wednesday|創るcomments(0)|by ciao

ブルーベリージャムとレモンジャム。

昨日ブルーベリーのジャムを作った。ジャムは土鍋で煮ている。
そして今日はレモンのジャムに挑戦。イタリアのホテルのジョバンナさんに教えてもらったんだ。一度レモンをゆでてからジャムの支度とりかかるんだと。確かにホテル出てくるジョバンナさんの特製レモンジャムは皮もやわらかくておいしい。今日の下ごしらえは完了。明日がんばるぞ!
昼寝をしたときに夢を見た。私のうちに耳鼻科の先生が目の手術にきてくれる。お母さんが私に注射をして、先生が来るのを待っている。夢ってすべてがめちゃくちゃだ。

|2013.07.24 Wednesday|創るcomments(0)|by ciao

ムーンライト展。

今日はいよいよ決意の日。月光荘のムーンライト展申し込んできた。あとはがんばるのみ。

|2013.06.25 Tuesday|創るcomments(0)|by ciao

ここであきらめない。その奥にきっとなにかある。

私的な編み物的世界で緊急事態が発生し、これからイタリアに出発するまでの間はとにかく必死にがんばることになった。これまでのんびりしすぎていた。これはもうすべてをうっちゃって必死にがんばる。決まったときはちょっとブルーになったけれど、もう少し深く考えてみると、これまでの人生の中でのチャレンジ部門で後悔してきた事例の倉庫がもういっぱいになっており、それを掘り起こすと、似たような後悔の種類がたまっており、そうかこのタイミングでいつもあきらめていたんだということがよくわかった。自分の感じ方としてださいなと思うことでも、結局やらなければ、いい結果にも悪い結果にもならずださいまま倉庫に入れられてしまうのだ。ださいはなんにも変化せず、である。いい加減この事象にピリオドを打つ日がやってきた。とにかく完成させる。最近がんばることがなかったし、このがんばりは楽しそうだ。私の残りの人生は楽しいことをしてすごすことにしているから、ぜひこのチャレンジを楽しみたい。きっとその奥になにかあるはずだもん。

|2013.06.21 Friday|創るcomments(0)|by ciao
 
プロフィール サイト内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Twitter / ciao_chiaia DUGONG

オススメ オススメ オススメ
愛と情熱のジプシーズ
愛と情熱のジプシーズ (JUGEMレビュー »)
チコ&ザ・ジプシーズ,松崎しげる with チコ&ザ・ジプシーズ,シャルル・アズナブール,ルセンゾ,ソフィア・エッサイディ,パトリック・フィオリ,シゲル・マツザキ,松崎しげる,フローラン・パニー,ジュリアン・ドレ,ナナ・ムスクーリ
オススメ オススメ オススメ オススメ オススメ コメント
アーカイブ
カテゴリ モバイル
qrcode
リンク Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ