2020.11.23 Monday

南極、スウェーデン、パワースポット。

0

    個展が終わって、期末試験が終わったような気分。ちょっと多めに寝て、午前をだらりと過ごす。お昼に図書館へ。図書館手前の廊下で立ってご飯を食べている女子多数。中では食べられないから、廊下でということらしい。かわいいけど、かわいそうだなあ。ゆっくり落ち着いて食べさせてあげたい。

    山田恭平「南極で心臓の音は聞こえるか 生還の保証なし、南極観測隊」、前ラジオに出ていた人、おもしろそうだったから。ウルフ・スタルク「おじいちゃんと最後の旅」、スウェーデンの翻訳家の人が3冊くらい本を挙げてどれが読みたいかってやっていたもののひとつ。高橋秀実「パワースポットはここですね」、私はまったくパワースポットとかどうでもいい派なんだけど、一体それはなんなのか、と思って。

    パン屋さん長蛇の列。待つ時間も楽しみたい。いつもの中華屋へ。俳優をやっている息子さんに遭遇。もっとじっくり見ればよかった。かっこいいとかそういうのを差し引いてもすごく礼儀正しくていい人そうだった。自慢息子であること、よく分かる。

     

    2020.11.14 Saturday

    ゴリラのお話。

    0

      今日は秋晴れ。地元のお店をまわってDMを置かせてもらう。なかなか近くで個展ができないのが悩み。

      図書館で「サリー・ジョーンズの伝説」というゴリラの童話を借りる。スウェーデンの作家の本。ゴリラの物語って今までなかった。

       

      しばらく会っていなかった友達を自分の個展に誘った。働いている人なので週末に行くねという返事をもらう。もう5年くらい会ってない。学生のときは毎日のように会っていた。会えるのが楽しみだなあと思っていると、明日行くねという連絡。私の個展の週末は来週なのだ。間違えて来てしまったらたいへんとあわててメールに返事する。個展の直前はいつも「誰も来ないかも症候群」にかかってしまう。今回も同じく。昨日の夜くらいからだんだんその気持ちが霧が晴れるように消えていった。そんなのどうにもならないし、知らない人ですばらしい出会いがあるかもしれない(というか、絶対あるんです!!)と開き直った。こんな気持ち自分のよくない沼があるんだと思っていたが安野光雅先生も同じように思っていたという記事を読んでかなりほっとしたことがある。大先生でもそうなので、小作家なんだから仕方ないです。明日は搬入。

       

      2020.11.12 Thursday

      こたつで読書。

      0

        今日はお友達とランチ。超初心者とディープなカレー講師の関係。インドの方に質問している内容もちんぷんかぷんでよかった。いつもこうだから。他のお客さんもインド通の方のようであれこれ質問していた。はやるといいね。

        友達を送りがてら図書館へ。「短歌研究6月号」、斉藤斎藤の俳句を読みたくて。体温を疑う歌がよかった。説明が入っているところがパワーポイントのプレゼンみたいでおもしろい。寺地はるな「ビオレタ」、ちょっと読んだがおもしろそう。シーグリッド・ヌーネス「友だち」、犬の話なんだって、新潮クレスト・ブックスにはずれなし。

        今日は読書の夜にします。こたつで(昨日出した!)だらだら読みます。もう野球もしばらくないし(次は土曜日)。

         

        2020.11.05 Thursday

        パスポートはオンライン申請できません。

        0

          そろそろパスポート更新の時期。今なら戸籍抄本とかいらないので、今にうちにと写真を撮りに行く。画面で写真を確認して、いまいちだったけどそれは自分自身がいまいちなのでまあ仕方ないかとあきらめる。これから10年の間は一番若い私がパスポートにいるのだ。

          図書館に本を返しに行く。この間中村文則がラジオに出ていて、そういえばこの人の本読んだことないと「教団X」を借りる。枕にできそうな厚さだ。おもしろかったら苦にならない厚さでもある。

          帰りにスーパーでハムスを探す。何度もぐるぐるする。ない。だいたいなんのジャンルか分からない。夏はクリームチーズを求めてあちこちのスーパーを回ったけれど、冬はハムスを探すことになりそう。

           

          2020.11.01 Sunday

          温又柔はおんゆうじゅうと読むのか。

          0

            お昼にいつもの中華屋さんへ。もう1時半を過ぎているのに外で人が待っている。入った後すぐに準備中に。あまりの忙しさのせいでおじさんとおばさんがぴりぴりしている。お客さんたちは機嫌よく食べたり飲んだりしている。

            図書館で温又柔「空港時光」を借りる。この人の名前をよく目にするので借りてみた。どんなことを書いているのだろう。

            大阪の方(もちろん知っている人)と文通してみることになった。おもしろそうだ。

            2020.10.22 Thursday

            サルデーニャとナポリ、フランスの漫画。

            0

              午前鍼灸院へ。体の後ろ側がばりばりでもうどうにもならない。これ以上緩むと良くないというところまでマッサージしてもらう。もっと早いタイミングで行かなくてはならないらしい。そうですよねえ、やはり。。。

              図書館へ。内田洋子「サルデーニャの蜜蜂」、イタリアに住んでいる人のブログなど読むとドタバタだったり人種的なジレンマなど赤裸々に書いてあることが多いのだが作家となるとちょっと距離を置いた文学のように書いてあり、その差はなんなんだろうと時々思う。マウリツィオ・デ・ジョバンニ「集結 P分署捜査班」、奇しくもイタリアの警察小説。メビウス「エデナの世界」、先週の「漫勉」の中で浦沢直樹先生がこの本について線が理想的というようなことを話していた。図書館って意外な本があるもんだ、フランス人の漫画家の本。

              ワールドシリーズ2戦目、ドジャースvsレイズ。1勝1敗。筒香は役に立っているか。

              2020.10.16 Friday

              果てしない、読書と、毛糸の果てに。

              0

                歩いて図書館へ。途中でとんかつ屋のおかあさんに遭遇。

                青島由佳「糸紡ぎのテクニックとデザイン」、どこかで見た名前だなと思ったらスピニングパーティーの主催の人だった。そうか、こういう経緯で羊毛と関わりはじめてあのイベントを主催していたのか。羊の種類から紡ぎ方まで幅広く写真入りで解説。リズ・ムーア「果てしなき輝きの果てに」、早く読みたい!

                忙しいと本を読む時間がなくなりがちなんだけど、映画とか物語とかが私の発想や創造の発生源なので、なるべくというかきちんと時間を作って読み続ける。

                今日の夜はカツオのお刺身です。最近豊漁なのか、ぶっとくて安い。多すぎたら漬けにして保存。お味噌汁は土井先生の一汁一菜の考えに従って毎日作っております。

                2020.10.10 Saturday

                「明日も」。

                0

                  雨がやまない。でもいうほど強くない。髪を切りに行く。

                  図書館へ。有沢佳映「お庭番デイズ」(上)、とりあえず上を借りる、おもしろいといいな。ししゃも「SHISHAMO4」のCDを借りる、「明日も」という歌が聞きたくて。図書館にはCDもある。落語やクラシックが多い。ポップスもあるので、聞きたいなと思ったときとりあえず図書館のサイトで検索する。

                  夕方から編み始める。昨日から懸案になっていた裾のあたりのかぎ針がやっとうまくいく。かなりの大作なので気に食わないようにはしたくない。できれば全部で納得していたい。部分部分のあちこちに思い出がほしくて、嫌な記憶でやり直したいとか思いたくない。きっとこういう思いはものを作っている人には絶対あると思う。

                  明日はお米を買いに行く。できれば新米。

                   

                  2020.10.02 Friday

                  ディープ川崎。

                  0

                    今日はちょっと暑いくらいのお天気だった。

                    昨日どどっと図書館の本を予約する。また読みたくなってきた。受け取りに行く。「ルポ川崎」、川崎に住む者としてこの街の昔と今を知ることができる本。「物語を書く人のために推敲入門」、読むだけじゃなくて書く場合どうやって直すか知りたくなってきたから。「木星・土星ガイドブック」、木星が好きだから。「雷」、メカニズムとか種類とか知りたい。

                    10月はばりばり編んで、ばりばり読んで、筋トレもじゃんじゃんやっていきたい。

                    2020.09.18 Friday

                    パリで刺繍。私じゃないよ。

                    0

                      暑くなったり涼しくなったり。今日は暑くて風が強かった。

                      図書館に本を返しに行く。手芸のコーナーで下村小百合「パリの刺繍学校」という本を見つける。刺繍の手芸本ではなく、パリの刺繍学校に入った人の体験記だった。私は学校に入ったわけではないけれどフィレンツェで一ヶ月編み物生活を送ったので導入部が似ていておもしろそうだったので借りることにした。

                      今、今年の最初の展示のテーマを考えている。合わせて新作ももっと必要だろうと考えている。過去のやりたいことリストなどからヒントを探している。今すぐにできなくてもなにかに書き付けておくのは大切だ。未来のためになんでも書いておこう。未来の私が実現してくれる。

                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << November 2020 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Asteroid and Butterfly [生産限定盤] (CD)
                      Asteroid and Butterfly [生産限定盤] (CD) (JUGEMレビュー »)
                      やのとあがつま(矢野顕子&上妻宏光)
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM